中国の今を知る、中国の未来を読む。

  

Posted by at

2006年08月28日

福岡県からアジアを目指すこと

福岡県からアジアを目指すこと ~1~

 福岡は日本国内において地理的、歴史的にアジア諸国とはもっとも深い繋がりを持っている地域です。長い歴史の中で福岡は常にアジア地域との交流のウォーターフロントとして、重要な役割を果たしてきました。福岡と中国の上海の距離は920キロ、飛行機でわずか1時間20分、韓国の釜山へはさらに近い500キロ、飛行機で40分で行けるという至近距離にあるのです。

 また、これらの地域とは地理的な近さばかりではなく、福岡市博物館に展示されている国宝「漢倭奴国王」の金印が証明しているように、福岡は遥かなる二千年も昔から、中国大陸とは様々な交流が行われ、朝鮮半島を経由して、古代中国から、仏教、儒教、東洋医学、製造技術などが一早く伝授され地域として栄えてきたことがよく分かります。金印のみならず、わが国の歴史古都である太宰府に点在する大陸仏教伝来ゆかりの戒壇院や観世寺、そして福岡市内の博多区にある禅宗ゆかりの寺—聖福寺、承天寺、空海が唐より帰朝して開いた東長寺などなどがまさに歴史の証なのです。

~続く~       


※次回掲載は、9/4(月)を予定しております。  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 11:40Comments(0)福岡とアジア

2006年08月21日

弊社が手掛けていること

弊社は中国における日中合弁企業の労使問題や法律関係、
中国人社員のモチベーションの上げ方など、幅広いコンサルティングを行っています。
お客様も大企業から中小企業まで、そして業種もメーカーさんからサービス業まで。
最近では、飲食業や美容業界の中国進出も目覚ましいので、その方面の相談も多いです。

私は、中国ビジネスというのはテクニックだけじゃなく、
中国の文化や歴史、中国人の性質をよく知っているということが大事だと考えています。
その面では、私は日本人ですが、中国人の生活の中に入ってお付き合いをしているので、
彼らが何を考えているのかがよく分かります。
ですので、幅広く痒いところに手が届くようなコンサルティングが可能だと思っています。


※次回掲載は、8/28(月)を予定しております。  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:04Comments(0)青木麗子の日々

2006年08月07日

カンボジア&ベトナム

勉強も兼ねて8月1日から6日まで、カンボジアとベトナムに行って参りました。

カンボジアではシェムリアップにある世界の文化遺産にも指定されているアンコールワットを
一目見たくて、無理して一週間の時間を作り、福岡から飛び立ちました。
シェムリアップへ辿り付くにはまず福岡からベトナムのホーチミン市へ飛び、
そこで乗り継ぎシェムリアップへ。

今回、飛行機がシェムリアップに着陸直前にものすごい激しいスコールに遭遇し、
なかなか着陸できずに、なんどもなんども空の上で旋回していたので、さすがの私も心配になり、
思わず「めぐり逢い」と映画のワンシーンを思い出しましたが、無事に着陸してほっと しました。
飛行機が上空を 旋回している間には果てしないジャングルと田んぼに湿地しかみえず、
空港らしきものはまったく見えなかったので、田んぼの中に着陸するものかと思っていましたよ。

ここカンボジアはやっぱり二つも三つも時代のギャップがあるような状況ですが、
でも、もしかしたら、これが最も人間しいくらしなのかもしれないとさえ思いました。
人々の表情がとても穏やかに見えましたし、大きくてすてきなリゾートホテルからは、
夕暮れに窓を開けるとはカエルやいろいろな虫たちが大合唱の声がきてえるというのも
素晴らしい情景でした。

街の道はまだほこりっぽいが、車がなぜかカムリだったかトヨタのある車種ばかりで驚き、
それから、お昼、シェムリアップの町中のレストランで食事をしていたら
ヤモリが壁にはりついていたことにも驚きでした。
人間と自然が本当に共生しているんですね。

アンコールワットから日の出を見るために四時半に起きて、行ったのですが、
残念ながら曇りで日の出は見えませんでした。
でもとても清々しい朝を堪能し、身も心も洗われました。
しかし、夕方はアンコールトム 近くの丘の上から見る夕日は実に素晴らしい景色でしたよ。

  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)青木麗子の日々