中国の今を知る、中国の未来を読む。

  

Posted by at

2007年12月17日

ロシアより中国大陸に思いを馳せて part8

 今回、私がロシアを訪れたのはいくつもの目的があった。一つには、悠久なる歴史を持

ち、数百年も続いた輝かしいロマノフ王朝がなぜ没落したのか。また、革命後、封建社会

が倒され共産主義社会となった旧ソ連がなぜ崩壊したのか。そして、今は自由で民主主義

社会となったロシアという国の実態がどうなっているのかをどうしても自分の目で見てみ

たかった。それから、もう一つの目的は、サンクトペテルブルグにあるマリンスキー劇場

でバレェ・白鳥の湖を見ること、チャイコフスキー音楽堂で、ピアノコンチェルト一番を

一度聞いてみたいと思っていた。時間の都合上、チャイコフスキー音楽堂で、ピアノコン

チェルト一番を聞く事は叶わなかったけれど、バレェ・白鳥の湖を心行くまで楽しむこと

ができたのは、実に至福であった。


 サンクトペテルブルグに四泊した後、モスクワへ飛んだ。川沿いに建つ木造城塞にすぎ

なかったというモスクワのクレムリンに、数々の金色に輝くドームを持つ聖堂群が誕生し

たのは十五世紀のイヴァン3世時代という。そして、ロシアの歴史は、そこで王冠を授か

る皇帝たちに揺り動かされた。赤の広場は、時に戦場となり、数々の事件の舞台となった。

この二つの歴史遺産を目の当たりにして、激しく渦巻くロシアの歴史のシーンが脳裏に去

来し、始めて訪れたはずなのに、なぜか懐かしく思えて胸が熱くなるのだった。




※次回掲載は、12/24(月)を予定しております。  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)青木麗子の日々