中国の今を知る、中国の未来を読む。

  

Posted by at

2010年08月30日

Part 2 三度もの開国期を経て今

 その中国だが、長い封建時代に終止符を打ち、1949年、社会主義中国が誕生した。以来、10年毎に繰り返してきた政治的動乱及び実質的な鎖国期を経て、80年代には本格的に改革開放政策に踏み込み、いわゆる第1の開国期に突入。この時期には香港の隣の街・深セン市を華南経済特区と指定、以後、深セン市は市場経済システム実験地域として飛躍的に発展を成し遂げる。市場経済の導入に自信を付けた中国は、90年代に入ると鄧小平氏が上海を訪れ、いわゆる南巡講話(先富論・先に豊になれる人は先に豊になれ)を発表、第2の開国期にを入ることに。この時期に欧米を中心する外資系企業が洪水のように上海に押し寄せ、中国経済を本格的な発展の軌道に乗せた。1997年に起きたアジア金融危機が起きるが影響にもものともせず、2000年代にはWTO加盟を果たし、本格的な第3の開国期を迎え、富裕層人口が総人口の5%(6000万人を超える)を超え、海外旅行がブームとなり、中国企業がヨーロッパを始め外国の中小企業の買収にどんどん乗り出すことになる。

  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)中国

2010年08月23日

Part 1「中国」という2文字がぴんぴんと飛び跳ねる


「中国」この二文字を見ない日はない今日この頃なのである。新聞、テレビ、雑誌などで、様々な場面において「中国」という二文字がぴんぴんと飛び跳ねている。2008年には歴史未曾有の四川大地震を乗り越えての北京オリンピックの成功開催。そして、リーマンショックからいち早く抜け出し、今は上海万博で世界中の人々の目を一点に引きつけている。「中国進出外資系企業50万社を超える。自動車販売台数年間一千万台。携帯人口4億人。中国企業が日本企業を買収。中国株。不動産バブル。民族大移動。出稼ぎ農民工。富裕層を狙え」いずれも今の中国を象徴するキーワードだ。

  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)中国

2010年08月16日

日本文化・北京で根付く


 少し前に、大連への訪問を終えて北京に飛んだ。さすがに首都空港・中国の玄関口に相応しく、いつ降り立っても、世界中からの到着便で賑わう。タクシーに乗り、白樺の並木道の風景がスライドしていく。北京の都心部に近づけるにつれ、様々な思いがこみあげてくる。10年前にある日中合弁会社の社長として、奮闘した日々。経営が行き詰まる会社の立て直し、投下資本の回収、円満撤退などなど、私の肩に重くのしかかる。積み木のように、あと一つで終わるというところで、くしゃくしゃに崩される。このようなことが何度繰り返されたのかわからない。無力になり、やるせない日々で苦しんでいた時に、いつも力強く支えてくださったのが北京の友人達。今から思えば、それも貴重な経験で、懐かしい思い出だ。ところで、この度、北京滞在中に仕事の合間を縫って、久しぶりに王泰平先生のご自宅を訪ねた。北京の中心街からわずかな距離にある高級マンション群。王泰平先生は奥様とともに、いつもと変わらぬ温かいまなざしで迎えてくださった。4LDKの広々としたマンションの中に、ご夫妻が心して創らせたのだという和室があった。六畳ほどの和室には、王泰平先生ご夫妻が外交官として日本で暮らした長い歳月の証、そして日本文化がぎっしりと詰まっていた。
  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)青木麗子の日々

2010年08月09日

香港・大公報・大公網が福岡にJAPAN CHANNEL


 この度、香港大公報・大公網が福岡にJAPAN CHANNELを開設することが決まった。大公網の強いご要請を受けて、青木麗子が日本総代表の重役を引き受けることとなった。かつてから、私は等身大の中国、そして日本を、執筆や講演などを通して、両国民に伝えることを積み重ねてきたが、しかし、そのような行動も大海の一滴に過ぎない。JAPAN CHANNELが開設できれば、香港、中国大陸のみならず、世界中におられる華人、華僑の皆さんに対して情報発信ができる。今、日中両国の人々に最も求められていることは未来志向の発想をもつことだ。日本の等身大の姿、あたりに溢れている和の文化の魅力などなどを正しく生のままで届けることができる。中国を始め、周辺諸国の人々から信頼され、尊重される日本であり続けるために最大の努力を尽くすことが日本が突き進むべき道であり、JAPAN CHANNELは絶好の媒体となると信じてやまない。ネット民は若者達。若者達に新しい日本観を育むことが極めて重要と考える。日中両国民がお互いを深く理解し、お互いを尊重し、支え合うことができ関係を構築するための大切な媒体として、JAPAN CHANNELはその役割を果たすことができるよう、弛まぬ努力積み重ねる決意だ。JAPAN CHANNELを通して、明るく輝かしい日中新時代を創りたいと願う。
  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(0)福岡とアジア

2010年08月02日

胸襟を開いて・大陸と台湾の経済協力フォーラム


 この間、中国と台湾との間で経済協力枠組み協定(ECFA)が締結された。そのことを受けて、このほど、広東省・広州市において、第6回中台経済貿易合作フォーラムが開かれた。フォーラムには双方の政財界の要人が勢揃い中、大陸と台湾の経済、貿易、環境技術など分野に関する協力体制の進化と一体化について検討された。中国側のトップ代表として、全国政治協商会議主席のか慶林氏がフォーラム閉会時の挨拶の中で「国共合作」という言葉が使われたがとても印象的だった。その言葉の裏には、これから大陸と台湾関係の明日を象徴しているようにさえも聞こえた。そして、フォーラム、一見して何の変哲もないフォーラムに映ったに違いない。しかし、その何の変哲もない風景こそが大きな変化ではないかと思った。少し前までだったら、大陸も台湾もお互いを意識してか、双方のリーダーが会う時は、相当身構えをし、お互いがピッカピッカのスーツに身を包み、畏まる様子で向き合ってきたように思う。でも、今回のフォーラムは、全員が半袖シャツにノーネクタイ姿で、終始カジュアルな雰囲気だった。大陸と台湾、胸襟を開いて話せる関係になってきたのかな。
  


Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00Comments(1)中国