中国の今を知る、中国の未来を読む。

2006年07月19日

私がオリンピック招致を応援する理由

 福岡は今、2016年オリンピック招致に名乗りを上げて、国内開催地獲得のために東京都と一騎討ちで戦っています。地方が首都に挑む。これはすごいことだと思って、私も招致活動に応援の手を上げ、同じ思いをもつ福岡市内の女傑が数名集まって、去る3月に福岡オリンピック招致を支援する女性の会を発足させました。発足当時はわずか九名しかいなかったメンバーも、今では約五十名の大団体となりました。

 私たちは、将来の福岡市のために、いずれ道州制になる時代が来るのであろう。その時にいま、優秀な若者たちが中央に向けて出て行っているのを、この福岡市(県)に留りたいという魅力ある福岡・九州にするためには、なにか思い切った策を考えていかなければならいと考えています。そういう意味でオリンピック招致は福岡がさらなる発展を成し遂げるためになくてはならない大きなジャンプボードだと思いますし、勇気を出して未来にチャレンジしなければならい時期がきているのだと思います。

 福岡は古くからアジア地域と悠久なる交流の歴史と実績をもっている地域です。私たちは今アジアの時代に生きています。そして地方の時代だとも言われています。このような時代において福岡が果たすべく役割は大きい。そのためにも、福岡はオリンピックというったような国際的大イベントの招致にもチャレンジして、名実共に力をつけていかなければならないと思うのです。
 
 もちろん、福岡にオリンピック招致するということはこの地域を豊かなし、人びとの幸福を考えてのことです。ですから、一日も早く、何故招致をするのかを市民にはっきり説明をし、理解していただいた上での全市民を挙げて招致活動に取り組めたらいいなと思います。そのために、私たち女性の会はより多くの市民の皆さんの理解が得られるように努力していくつもりです。天の時、地の利、人の和といいます。今福岡は天の時と地の利は揃っていると思います。後はいかに人の和を実現させることが肝心です。
 


※小谷実可子さんと日下部基栄さんを呼んで、女性の立場からオリンピックを考えるシンポジウムを開催した時の写真です。



※次回掲載は7/24(月)を予定しております。

同じカテゴリー(福岡とアジア)の記事画像
JR九州・赤坂うまや初上海進出
音楽は政治、民族、文化、経済などの摩擦を乗り越える
福岡が誇る・マリンハイドロテック
キャナルシティー・福岡-天津同時開業
日本文化塾・鑑真プロジェクト三周年を記念して
香港・中国大陸ビックメディアが一堂に集結
同じカテゴリー(福岡とアジア)の記事
 JR九州・赤坂うまや初上海進出 (2012-05-07 10:00)
 音楽は政治、民族、文化、経済などの摩擦を乗り越える (2012-04-23 10:00)
 福岡が誇る・マリンハイドロテック (2011-11-07 10:00)
 キャナルシティー・福岡-天津同時開業 (2011-10-17 10:00)
 日本文化塾・鑑真プロジェクト三周年を記念して (2011-09-05 10:00)
 香港・中国大陸ビックメディアが一堂に集結 (2011-08-08 10:00)

Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00│Comments(22)福岡とアジア
この記事へのコメント
道州制の為に五輪招致?
だったら日本中のあちこちにオリンピックやんないといけない都市が出てきますよ。
それに、そんな極端にローカルで勝手な言い草がIOC総会で世界各国の賛同を得られるとお思いですか?

福岡市の財政状態は全国の政令指定都市で最悪であること、メイン会場予定地の須崎埠頭再開発計画は実現性が無いという批判が多いこと、福岡市民を対象とした3つの世論調査で五輪招致反対が66~67%という結果が出てること、2008年に北京五輪が開催されるのにその次の次である2016年に日本で開催なんて有り得ないことについては、どうお考えでしょうか?
Posted by cap@創難駄クリキンディーズ at 2006年07月19日 13:04
オリンピック招致に賛成です。
感動したい!ただそれだけ。
Posted by すーちゃん at 2006年07月20日 17:16
 現在福岡市が行っている五輪招致には納得できません。
 「勇気を出して未来にチャレンジ」と響きのよい言葉を使われてますが、実際には、
「賭け」、悪く言えば「博打」です。何十億という招致費用をかけても、五輪が来る可能性は非常に低いという現実があります。それでもよいという市民の合意があればいいが、実際は市民の3分の2は反対しています。

 今必要なことは、招致理由を説明するということではありません。市の財政についてきちんとした情報を開示することです。オリンピックの良い面ばかりを強調し宣伝しても、市民は馬鹿ではないから、賛同者は増えないでしょう。負の部分についても、正直に説明をし、その上で市民が招致の是非を判断する機会をつくらなければならないと思います。

 そのためにはまず、市長が
1,「招致には1銭もかからない」と嘘をついたこと。
2,市民の意向を無視して招致活動を進めたこと。
この2点について、率直に詫びるべきです。
また、議会も安易に「招致決議」をしたことを反省し、民意をつかむ努力をすることです。「人の和を実現」するには、必ず必要なことだと思いますよ。

 今回の五輪招致で市民は完全に置き去りにされています。
Posted by 近郊住人 at 2006年07月21日 11:53
あれっ?

五輪招致賛成の理由として、
「道州制の為に」
とか、
「必要な先行投資」
とかダラダラ書いてた3番目のコメントが消去されてますね。
“よかよか市民”さん、どうしたんだろ?
Posted by cap@創難駄クリキンディーズ at 2006年07月21日 14:06
感動したいのなら、招致なんて面倒。
ご自分から見に行かれた方が安いし、見たいものを好きなだけ見ることができるから小回りが利いていいと思いますよ。
Posted by at 2006年07月21日 14:08
  たしかに「よかよか市民」さんのコメントが消されてます。
ご本人が消されたのですか?それとも青木さんが消されたものですか?
よかとか市民さんのコメントには、「自分と意見の合わない者は福岡市から出て行け」という趣旨の発言があり、市外の住人ながら非常に不愉快に感じていました。どういう理由で消されたのか、消されたご本人は答えてください。
Posted by 近郊住人 at 2006年07月22日 07:52
福岡を魅力ある都市にするには…
オリンピック招致をすぐにやめることです!
借金の比率が最悪では、魅力ある都市にはなり得ません。
おかしな大規模事業をやめるように方向転換しないと、福岡市はガラクタだらけの荒んだ町になっちまいますよ。
Posted by kiriko at 2006年07月22日 11:29
atさん
自分の住んでいる街で感動を味わいたいんです。
Posted by すーちゃん at 2006年07月22日 12:22
青木さん、本文中に、
「私たち女性の会はより多くの市民の皆さんの理解が得られるように努力していくつもりです」
とお書きになっていながら、投稿されたコメントを全く無視していらっしゃるのは、一体どういうわけなんでしょうか?
Posted by cap@創難駄クリキンディーズ at 2006年07月24日 22:06
自分の意見のゴリ押しですか…。
Posted by M at 2006年07月28日 17:40
「すーちゃん」さん

地元で感動味わいたいというだけでは賛成理由としてあまりにも弱いと思いますよ。
というか、賛成論者って「夢」を見るばかりで現実を直視しない人が多くて正直、うんざりです。
Posted by jet at 2006年07月30日 10:37
jet atさん
反対派は理屈ばっかりごねて不愉快です。
うんざりされるなら無視されればいかがでしょう。
Posted by すーちゃん at 2006年07月30日 10:49
理屈で反論できない賛成派にはもっとうんざりですなぁ
Posted by 爆笑問題 at 2006年07月30日 12:42
こんにちは。

私は別に五輪招致が悪だとは思っていません。
ナゼ今こんな状態で手を挙げたのか?とはお考えにならなかったのでしょうか?とりあえずは、人工島・地下鉄・3セク破綻・市施設の談合・他諸々な問題にケリがついてからでもいいとは思いませんか?ご自分でも「市の状況を知らないわけでもありません」って仰っているではないですか。じゃあ、そこから始めてみませんか?
Posted by M at 2006年07月30日 14:01
ここに福岡五輪反対の方もコメントもありますが、一番大事なのは日本で一番行けないのが東京集中現象。その是正策の一環が道州制や五輪招致です。福岡の財政が問題なら福岡以外の東京集中の弊害を憂えている県や道州制区域がみんなで福岡のための基金を募ること。また落選したら逆に東京には五輪をさせない運動を展開すべき。磐井の叛乱や西南の役を起こした九州人がみすみす東京の一人勝ちだけは許さないような配慮がほしい。道州制の実施や新幹線の開通時期を考慮すると、2016年の立候補はおかしくない。ロスとアトランタはわずか12年で同じ国。アジアでも別の国で、立候補もPR費用の一環と思えばいい。また日本全体のバランスで道州制の州都クラスは順番に国際イベントを経験すべき。なんでも東京の序列をまずはくずすべき。
 福岡市は借金額も多いが、30年で人口90万から145万に人口が増え、観光スポットも豊富で、今後の観光立国のPR効果を考慮すると、五輪という絶好のPR効果を放棄するのか。残念ながらホークスでは世界へのPR効果は薄いのですよ。
 五輪反対派は市の借金だけ気にして、国際都市としてのPR効果や東京一極集中を是正すべきか代案を出すべきだし、逆に行政はその点をキチンと説明すべきでしょう。青木さんもそういう部分は説明されるべきでしょう。
Posted by 山中鹿次 at 2006年07月30日 15:57
九州人として、PR費用のために巨額の税金投入なんて、認めたくはないですね。基金を出すのもゴメンです。

それから反対派に代案を出せ、というのも筋が違うと思います。
むしろ賛成派が財政や国際都市としてのPR効果や東京一極集中を是正すべき案を出すべきでしょう。

福岡市の観光スポットって具体的にどこを指しているのでしょうか。
世界に誇れるようなものはなにもないですよ。
九州でいえば、観光地といえばやはり熊本・鹿児島など中・南九州などと思うのですが。実際に韓国・上海などの観光客に人気なのは阿蘇や別府などというメディア報道もなされています。
Posted by audi at 2006年07月30日 20:13
難しい事はよくわかりませんが、私も招致には完璧反対でした。一般市民には現在にかかわらずその何年か後もオリンピック開催都市になったって何の恩恵もないと思っているからです。一部の人だけで。TVでニュースがあっててもチャンネル変えてました。けど、青木さんのブログ読んで耳をかしてもいいかなと思う気持ちはうまれました。今の福岡の現状からして市や県の人たちが市民のこと考えてるように思えないんですよねぇ。身近な交通状況とかから改善してほしいものです。あ、最後は余談でした。
Posted by at 2006年07月31日 12:45
日本における東京の一極集中排除を言いながら、九州における福岡の一極集中を促進するような五輪招致を訴える。これは、どうしたら整合するのでしょうか???
Posted by at 2006年08月04日 16:21
「福岡の一極集中」
これは麻生外相も、大都市(福岡含む)とその他との格差が広がっていることが問題、という趣旨の発言をされていました。今回の構図は「首都対地方」の構図ではなく、「東京対ミニ東京」勝ち組が自都市の再開発を目指し、五輪を利用して国税分取り合戦をしていると考えます。
Posted by 近郊住人 at 2006年08月27日 08:08
こうなったら、ぜひJOCには、「立候補辞退」で両都市とも落として欲しいところですが、そのような英断をJOCに期待するのはムリですね。
Posted by at 2006年08月28日 12:34
青木さん、いよいよ明日(8月30日)、国内候補都市決定ですね。
こちらの本文中で、
「私たち女性の会はより多くの市民の皆さんの理解が得られるように努力していくつもりです。」
とお書きになってましたが、十分に努力なさったのでしょうか?

このブログに寄せられたコメントにすらキチンと答えないのですから、途中で放り出してしまったんだろうなあと思ってますが、違いますか?
Posted by cap@創難駄クリキンディーズ at 2006年08月29日 14:44
近郊住人さんの
>今回の構図は「首都対地方」の構図ではなく、「東京対ミニ東京」

は、卓見ですね。
東京を「中央」「金持ち」「勝ち組」と批判する福岡市(推進派)は、自らがそれらのミニ版、九州版であることを棚に上げています。
学童保育料を値上げし、低所得者の健康保険料を上げた福岡市に東京批判する資格があるのかと思います。

落選も決まったことだし、「九州の東京としてもっともっと大きくなりたい症候群」から脱却することを願います。
Posted by kiriko at 2006年08月31日 01:26
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。