中国の今を知る、中国の未来を読む。

2007年12月10日

ロシアより中国大陸に思いを馳せて part7

 ピョートル大帝は、当時のフランスを始めとするヨーロッパに強く憧れ、多くの芸術家

をヨーロッパに派遣し、建築、絵画などを学ばせただけではなく、自らもフランスやドイ

ツ、オランダなどに渡って、長い歳月を掛けて様々なことについて学び、学ばれた事を都

市建設や宮殿などの造営に活かされたというので、その知的好奇心の旺盛さに驚かずには

いられなかった。


 私が一番に感銘を受けたのがピョートル宮殿の庭園に作られた噴水の数々であった。フ

ランスのベルサイユ宮殿を模倣して作られたという、豪華絢爛なピョートル宮殿もさりな

がら、しかし、私の心を強く引きつけて離さなかったのは、宮殿の裏にある庭園だった。

この庭園は広大な敷地内に、森、花、彫刻、噴水がいたる所に散りばめられていて、特に

壮観なのは、いうまでもなくフィンランド湾に注ぐ噴水である。しかも、それらの噴

水にはポンプや電気などの力は一切使われておらず、水力学のみを駆使して作られている

という。





※次回掲載は、12/17(月)を予定しております。



同じカテゴリー(青木麗子の日々)の記事画像
美しく凛とした厳島神社に感動
山の登りてまだ麓
素敵な時計に見とれ、思わず時間を忘れそうに
来年は平穏無事な一年でありますように
牛に引かれて善光寺参り
ベトナムで出会った感動物語
同じカテゴリー(青木麗子の日々)の記事
 美しく凛とした厳島神社に感動 (2012-04-30 10:00)
 山の登りてまだ麓 (2012-02-06 10:00)
 素敵な時計に見とれ、思わず時間を忘れそうに (2012-01-30 10:00)
 来年は平穏無事な一年でありますように (2011-12-29 10:00)
 牛に引かれて善光寺参り (2011-12-12 10:00)
 ベトナムで出会った感動物語 (2011-10-03 10:00)

Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00│Comments(0)青木麗子の日々
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。