中国の今を知る、中国の未来を読む。

2012年12月24日

和歌山県知事インタビュー(3/3)




青木:
今日本は政治的にも経済的にも閉塞感で行き詰っていますが、中国の成長やについて知事はどのように見ていらっしゃいますか?

知事:
私は以前、通商政策局の審議官で中国担当しており、中国政府の貿易・産業部門とも仕事をしました。その頃、「中国は驚異かチャンスか」ということを日本の情報系大企業2社の専務にそれぞれお聞きしたところ、「中国企業の上にいる優秀な社員は非常に賢い。これはもの凄い驚異である。将来、その人達に自分達の会社の一番良いところを凌駕される恐れがある。自分たちが常に先を行き、中国が後をつけてくるというスタンスではなく、いつかは、立場が逆転するかもしれないという驚異を感じている」とのお話を聞きました。この現象はすでに中国内で表れています。日本企業もうかうかしていられません。日本企業が世界で企業活動を営むにあたり、その舵取りが非常に重要となる。舵取りが上手くいけば、中国13億人市場もターゲットになります。これはチャンスになります。

青木:
仰る通りだと思います。今日中関係が揺れていますが、知事はこの問題をどのように考えたらよいとお考えですか?

知事:
そうですね。日本も中国にはっきり言うべきことは言わなくてはいけないと思いますね。大国は全体の秩序を考えないと世界は壊れます。今や中国は経済発展を遂げ、世界中が注目する国家となりました。中国との関係なしには世界が成り立ちません。そうすると、中国には地球を守る責任が発生します。中国は大国としての義務や責任を負っていかなければならないのです。

青木:
本当にそうですね。大国には大国としての責任がありますね。中国も自分たちは発展途上国と未だに言っているのですが、もうそんな事はだれも思っておらず、中国は名実ともに大国として発展していますから。
ところで、知事、最後に中国の方々にメッセージをお願いします。

知事:
「和歌山いいとこ、一度はおいで」ですね。和歌山はすごくいいところです。中国の方々はきっと和歌山を気に入って頂けると思います。まず、和歌山には類をみないきれいな海、綺麗な緑が映える豊富な自然、たくさんの温泉があります。また、日本に影響を与えた中国文化が現存するところでもあります。例えば高野山。空海が中国の真言密教で一番偉い恵果に認められ、一番弟子となって帰国し開山した山です。当時、空海が持ち帰って来た中国の文化や伝統などが、今なお高野山にあります。きっと中国の方々にも、おもしろく感じて頂けると思います。また、和歌山での食べ物と買い物はおもしろいですよ。「和歌山いいとこ、一度はおいで」是非お越し頂きたいと思います。

青木:
本日はお忙しいところありがとうございました。








和歌山県
和歌山県(わかやまけん)は、日本近畿地方都道府県県庁所在地和歌山市。日本最大の半島である紀伊半島の西側に位置する。和歌山市を中心とする県北部は阪神工業地帯に属し、沿岸部には製鉄所石油製油所などの重化学工業が盛んである。






同じカテゴリー(日本)の記事画像
鹿児島県知事インタビュー(3/3)
鹿児島県知事インタビュー(2/3)
鹿児島県知事インタビュー(1/3)
和歌山県知事インタビュー(2/3)
和歌山県知事インタビュー(1/3)
三重県知事インタビュー(3/3)
同じカテゴリー(日本)の記事
 鹿児島県知事インタビュー(3/3) (2013-01-28 10:00)
 鹿児島県知事インタビュー(2/3) (2013-01-21 10:00)
 鹿児島県知事インタビュー(1/3) (2013-01-14 10:00)
 和歌山県知事インタビュー(2/3) (2012-12-17 10:00)
 和歌山県知事インタビュー(1/3) (2012-12-10 10:00)
 三重県知事インタビュー(3/3) (2012-12-03 10:00)

Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00│Comments(0)日本
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。