中国の今を知る、中国の未来を読む。

2013年03月11日

滋賀県知事インタビュー(5/6)




青木:
さて、知事、中国の事について少しお伺い出来ればと思います。
滋賀県は中国のどこの地域と交流があるのでしょうか。

知事:
湖南省と友好提携協定をしています。来年2013年で30周年になります。湖南省との縁ですが、近江八景という、琵琶湖の美しい八つの景色、これは湖南省の洞庭湖の瀟湘八景からいただいているんです。例えば、「比良山の平沙落雁」に対して、こちらでは「堅田の落雁」であるとか。そして湖の繋がり。滋賀県は世界中、ミシガン湖なり、あるいはブラジルのパトス湖なり、湖を縁にした姉妹州があります。それで、中国ももう30年前から洞庭湖のある中国の湖南省と友好姉妹協定を結んでおります。

青木:
そうなのですね。そう言えば、琵琶湖周辺で、湖南と湖北と呼ばれている地域がありますね。それは実に分かりやすいですね。知事も何度も湖南省をご訪問されていますか?

知事:
はい、実は知事になる前に、1983年、第一号の環境視察使節団の一員として訪問しました。当時、私は琵琶湖研究所の職員でしたから。中国は当時まだ水質保全という概念がなかったと思いますね。その後、滋賀県は、これまでの30年間で約200人の研修技術生研修員を湖南省から受け入れ招待して、滋賀県において、で半年または1年間、研究所等での環境技術研修をはじめ、医療福祉、観光などの様々な分野でについて研修をしていただきました。また、医療福祉、観光などの面でも、研修生を200人受け入れてきました。このように滋賀県と湖南省とは人的繋がりの拡大に貢献をさせていただいています。

青木:
人的な繋がりを作る。これは本当にとても大切だと思います。日本、滋賀県を訪れられた中国の人々はかならず好きになってくれますから。それは滋賀県にとっても大きな財産となるはずですね。

知事:
本当にそうだと思います。私は知事になって以後、何度も中国を訪問しています。具体的には友好協定25周年の時に湖南省を、訪問しました。その後、第13回世界湖沼会議が中国で開催された時にはを湖北省の武漢をで開催された時も訪問しました。今年の5月に中部六省の経済フェアにも行かせていただきましたし、それ以外にもは観光キャンペーントップセールスで3年前に北京、去年、今年は、関西広域連合による観光トッププロモーションで、上海なども訪問しましたております。また今年5月には「中国中部投資貿易博覧会」で湖南省に、さらに11月の県産農畜水産物輸出プロモーションで香港を訪れました。知事になってからは、合計で6回中国に参りました。私は中国の湖が大好きで、太湖、鄱陽湖、それから洞庭湖ですね。湖研究をずっとやってきましたから。

青木:
中国の湖についても造詣が深いですね。

知事:
ありがとうございます。でも、今の日中関係は本当に悲しい状況にありますね。尖閣列島の事でもめているからせっかくこれまでに続いてきた交流に影響が出ていますがストップ。実は湖南省で9月15日に、湖南省の要請を受けて湖南省の要請を受けて滋賀県か長沙市の中心街に進出した平和堂が大襲撃を受けて、、、、3号店、今度4号店。本当に地元の皆様に育てていただいたのにそこがめちゃくちゃに壊されて・・・。

青木:
あれは本当に酷かったですね。私もニュースで見ました。心が痛かったです。なんの責任もない一般の企業を襲撃するなんて本当に酷い、、、。でも、暴徒化する中国の若者たちが店内に押し掛け、辺り構わず物を壊して行く中、日本人スタッフの安全確保のために、中国人店員さんが命がけで日本人に避難をさせていましたね。その光景を見た時は本当に救われた気持ちになりました。暴徒化している若者はほんの一部で、絶対多数の中国の人々は冷静で友好的だと私は信じているから。

知事:
デモの後すぐに、私は湖南省の省長さんにお手紙を書き、ました事件の再発防止と安全の確保、そして事業活動の円滑な再会を願っているとお伝えしました。その後省長さんからがは、滋賀県と湖南省は長いおつきあいがある、今後も全力を挙げて両県省の協力と交流に尽力し、日系企業の事業展開に協力する皆さんの経済的な利益はちゃんと守るからとおお返事を下さいました。湖南省人民政府のご支援もあって、平和堂はすぐに再建し、10月27日に再オープンしました。その物語が、「ガイアの夜明け」というテレビ番組で放送されています。

青木:
その番組、私も見ましたよ。とても感動しました。

知事:
ありがとうございます。あの時にも、中国の従業員の方が、自分たちが作った店だから自分たちの手で守ると言っていました。元は日本から来たかもしれないけれど、日本人はたったの87人ですよ。あとの何千人もの従業員はがみんな中国の方なんですよ。だから、平和堂を愛して下さっている湖南省の方が、自分たちで再健するんだとやっていただいた、これこそが本当の友好協定ですよ。もう涙が出ました。







<次週に続く...>



同じカテゴリー(日本と中国)の記事画像
若者文化ー海を超え絆を繋げる(4/4)
若者文化ー海を超え絆を繋げる(3/4)
若者文化ー海を超え絆を繋げる(2/4)
若者文化ー海を超え絆を繋げる(1/4)
滋賀県知事インタビュー(6/6)
滋賀県知事インタビュー(4/6)
同じカテゴリー(日本と中国)の記事
 若者文化ー海を超え絆を繋げる(4/4) (2013-04-29 10:00)
 若者文化ー海を超え絆を繋げる(3/4) (2013-04-22 10:00)
 若者文化ー海を超え絆を繋げる(2/4) (2013-04-15 10:00)
 若者文化ー海を超え絆を繋げる(1/4) (2013-04-08 10:00)
 滋賀県知事インタビュー(6/6) (2013-03-18 10:00)
 滋賀県知事インタビュー(4/6) (2013-03-04 10:00)

Posted by 青木麗子 Reiko Aoki at 10:00│Comments(0)日本と中国
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。